BLOOD+ 3話 「はじまりの場所」

徐々に数日前の記憶を取り戻しつつあったサヤ。

 

宮城ジョージはベトナム戦争でデヴィッドに世話になり、眠っているサヤを預かった。ベトナム戦争でも、サヤはマウスとの戦いで活躍したのだろう。その後なぜか眠ってしまったと。

 

客だったフォレストにジョージは殺された。

 

この辺りから物語が一気に加速する。

 

デヴィッドはマウスを翼手と呼んでいた。アルジャーノン陣営とは敵対関係か。翼手を狩るデヴィッド陣営、マウスを利用しようとするアルジャーノン陣営。

 

両陣営間で、マウス、翼手と呼び名が違う理由が気になる。アルジャーノン陣営はマウス=実験動物と捉え、デヴィッド陣営は翼手=単なる化け物と捉えている。すなわち、両陣営の考え方の違いに過ぎないと思われる。