School Days (スクールデイズ) 考察&感想 12話

どうしてこうなった。

 

世界は誠の家で料理を作って待っていたが、誠は来なかった。「言葉はそんなこと言わないよ」と誠が言い、世界は誠が言葉を好きと悟る。

 

世界は、誠と言葉が同じ電車に乗っているところを見てしまう。本作でよく使われた手法だが、偶然の演出としてはなかなか良い。

 

言葉と誠が誠宅にいる時に世界がやってきて、世界と言葉は鉢合わせする。世界は言葉を責めるが、言葉に「西園寺さんは何であんなことしたんですか」と誠を誘惑したことを責めた。そして、劇が始まった。刹那の声で世界を攻め立てる。しかし正体は言葉だった。花を誠に見立てて、象徴的に語っている。

 

誠は世界にメールする。いい病院紹介すると書いていたが、堕ろしてくれ、と言いたいのは明白だ。世界と誠は話し合いをする。だが、世界は自分の作った料理が捨てられているのを見て箍が外れてしまった。誠にメールをし、その隙に刺し殺した。言葉はそれを見て遺体をバッグに詰め、誠を騙って世界を屋上に呼び出す。

 

誠の気をひくために妊娠したと嘘を言っている、本当に妊娠しているなら病院行って確かめられるでしょ、と言葉はめちゃくちゃな発言をした。妊娠検査薬を使えば病院行かなくていいのだが。もはや言葉に論理など無かった。実際確かめてみましょうか、と世界の腹をさばき刺殺。実は言葉の言う通りと分かるが、実際やるあたり本格的に狂っている。

 

ヨットで誠の首を抱きしめながら「やっと二人きりになれたね」と言った世界からは、真っ直ぐすぎる純愛が感じられた。

 

Cパートで誠が、言葉と出会った頃の想いを語っていた。どうしてこうなった、という制作スタッフの声が聞こえてきた。