School Days (スクールデイズ) レビュー 「偶然」

 ※ネタバレ注意

 

「誠死ね」でおなじみのアニメをレビューしてみました。

 目次

 

レビュー&採点

 

・作画(キャラデザインも含む) 15点

・音楽(BGM、op、ed、挿入歌、se) 25点

・ストーリー(話数の配分等の構成、話の面白さ、脚本、展開) 30点

・人物(登場人物にどれくらい魅力があるか) 20点

・独自性(世界観や提示される概念など、何らかのオリジナリティがあるか) 30点

・メッセージ性(制作陣は作品を通して何を伝えたかったのか) 20点

 

作画

10点/15点

およそ10年前の作品としては標準的なレベル。各キャラの表情が細かく描かれ、微細なニュアンスまで伝えていたのは高評価。

 

音楽

19点/25点

オープニング曲のセンセーショナルな旋律は、癖になる。毎回エンディング曲が違い、しかも感情に深く訴える曲ばかりだった。さすがランティスである。挿入歌も効果的に使われていた。挿入歌をいきなり止めて、視聴者のドキドキを誘う手法も効果的だったと思う。

 

ストーリー

30点/30点

全12話あるが、どの回も濃密だった。ストーリー展開は、偶然ラブシーンを目撃したり、突然学祭委員が故障したり、バナナの皮で皆が転んだりと偶発性が強い。(ご都合主義と言っても良い。)まるで、ゲームの選択肢をプレイヤーの気分で選んでいるかのような行き当たりばったりな脚本に見える。しかし、どんなに偶発性の強いイベントであっても、どれも現実に有り得るイベントばかりである。リアリティを担保しながら、どこへ向かうか不明な展開は見てて面白かった。劇中劇やキャラの表情といった伏線である程度展開は読めるが、こちらの読み以上の展開を用意しているあたり流石である。

 

人物

8点/20点

各人物の心理は理解できるが、共感出来たキャラは皆無だった。どのキャラも己の世界観が大変狭く、相当な抑圧を受けていると推測できる。その割には自己に対する深い言及が無く、知性に欠ける。特段好きなキャラも嫌いなキャラも居なかった理由は以上である。

 

独自性

30点/30点

ここまで優柔不断で無責任、かつ性欲絶倫で己の性欲に流されまくった主人公がいるだろうか。性欲以外に何らの信念もない誠は、動物のカテゴリーにおいても下劣である。人間に擬態した動物を主人公にしたアニメは珍しい。最終回の惨劇は何十年に一度の伝説であり、永遠に語り継がれるだろう。

 

メッセージ性

20点/20点

「優柔不断や無責任、その場の状況や己の感情に流されること。いずれも人間がやりがちだが、やりすぎると大惨事になるぞ。」という警告が、本作品のメッセージのように思える。頻発する浮気を描きながら逆説的に純愛を描きたかった、が制作スタッフの真意と思うが、実際はどうだろう。

 

総評

84点

どうにも行き当たりばったりな展開が多くてゲームのようだと思っていたら、原作がエロゲーだったとは。有り得る展開の一つをアニメにしたのだろうが、あまりにも衝撃的すぎて考えをまとめるのに時間がかかりそうである。if妄想が捗るアニメでもあり、視聴後も大いに楽しめる良作である。