2007年

らき☆すた レビュー 「終わらない日常」

特段のストーリーが無いアニメだからこそ、脚本の重要性が高まるのは自明の理である。

ケンコー全裸系水泳部 ウミショー レビュー&考察

一見おバカなギャグ作品に思える。しかし、裏には隠された壮絶な真実があった?

School Days (スクールデイズ) レビュー 「偶然」

人間に擬態した動物を主人公にしたアニメは珍しい。

さよなら絶望先生 レビュー 「極めて知的な作品」

新房昭之監督はじめスタッフ一同全力で楽しみながらこの作品を作ったのだろう。作風はふざけているが、作品に込められた真意はいたって真っ直ぐであり、真摯である。