ギルティクラウン レビュー 「監督公認の失敗作」

なんだかんだ語り甲斐のあるアニメではあった。

けいおん!! レビュー 「日常は終わらない」

らき☆すたに引き続き「終わらない日常」を強烈にアピールしたが、本当のメッセージは「卒業しても日常は終わらない」だと思う。

けいおん! レビュー 「京アニ最高傑作の一つ」

練習よりもティータイムが長いなんてけしからん→(中略)→これでいいのだ!

あずまんが大王 レビュー 「真のやさしい世界」

ただの日常系アニメと思いきや、何気に理想の社会を描いているすごい作品である。

はねバド! レビュー 「独自の王道」

新たなる王道を創造した挑戦作。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない レビュー 「オタクを救済」

※ネタバレ注意

化物語 レビュー 「近代と前近代が交差する独特な世界観」

※ネタバレ注意 背景作画とBGMだけでも十二分に楽しめる作品である。

フルメタル・パニック! Invisible Victory レビュー

結論:無理せず延期が良策

フルメタル・パニック! Invisible Victory 12話 感想

これぞフルメタ。

フルメタル・パニック! Invisible Victory 11話 感想

相当期間が空いたため、前回からの映像を長めに流したのは有難かった。

懺・さよなら絶望先生 レビュー 「その真面目さが命取り」

※ネタバレ注意 もっとふざけて作られるべきだった作品。

懺・さよなら絶望先生 13話 レビュー 

最終回にして、ネタの使い回しがあったのは草生えた。もっとも、俺の曲解かもしれんが

懺・さよなら絶望先生 12話 レビュー

今回はいつも以上に面白かった。

うみねこのなく頃に レビュー 「意味不明」

さほど苦痛なく完走できたが、ゲーム未プレイ者が新たに視聴するのは止めといた方がいい。

懺・さよなら絶望先生 11話 レビュー 

視聴者の意見を取り入れすぎだろ、と感じさせる回だったが、実はそう思い込ませる仕掛けだったりして。

懺・さよなら絶望先生 10話 レビュー

糸色望の核心に迫るネタが目立った。

懺・さよなら絶望先生 9話 レビュー

今回は「社会」を思わせるネタが多かった。

懺・さよなら絶望先生 8話 レビュー 

今回はキャラの個性を生かしたオチが多かった。

懺・さよなら絶望先生 7話 レビュー

今回はシュールな絵が多かった。

懺・さよなら絶望先生 6話 レビュー

今更ながら新キャラ登場。

懺・さよなら絶望先生 5話 レビュー 

細部までこだわって制作されているのが、改めてよく分かる回。

懺・さよなら絶望先生 4話 レビュー 

今回は予想外の展開が多く、制作フタッフは苦悩を乗り越えた模様である。

懺・さよなら絶望先生 3話 レビュー 

冒頭の小噺では、「修行するぞ。」「大殺界は天中殺のパクリ。」「黒塗りの自動車に激突。」とやばいネタで話が構成されていた。相変わらず、怖いもの知らずである。

懺・さよなら絶望先生 2話 レビュー 

今回は特に鋭い指摘が目立った回だった。

懺・さよなら絶望先生 1話 レビュー

制作スタッフがオチに苦悩しているのが伺える。

とらドラ! レビュー 「現代版彼氏彼女の事情」

彼氏彼女の事情の舞台を偏差値50位の高校に変えてみました、という感じの作品。

sin in the rain レビュー 「幻の続編」

※ネタバレ注意 とあるラジオ番組から生まれた異色作。続編が出るのはいつになることやら。

ひぐらしのなく頃に レビュー

※ネタバレ注意 当時社会問題になるほど話題になった作品だが、今見ても非常に面白かった。

らき☆すた レビュー 「終わらない日常」

特段のストーリーが無いアニメだからこそ、脚本の重要性が高まるのは自明の理である。

コードギアス 反逆のルルーシュ レビュー&考察

レビューはもちろん、合衆国ニッポンの真意も考察してみました。